スポンサーリンク

studyとlearnの違いって知ってますか? 学校で学ばない英語

スポンサーリンク
学校で学ばない英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

studyとlearnの違いって知ってますか? 学校で学ばない英語

こんにちは。燻し英語です。

1週間更新をストップしてました。先週忙しかったので。。。

実は塾講師で英語も教えているんです。先週は生徒が受験だったので、できるだけのサポートをして送り出しました。

受かっているといいな。。。

そんな折、先週生徒からこんな質問がきました。

先生、studyとlearnって何が違うの?」と。

確かに、どちらも中学で習う簡単な動詞ですが、実はどちらも勉強する、とか学習するとかしか単語帳に書いてないから、一見違いなんて無いように見えますね。

しかし、この2つは明確に使い分けなければならない単語なんです。

今日はこの2つの動詞について解説していきたいと思います。

前回の記事はこちら→ブログ初心者1ヶ月目の収益を公開!

studyとlearnの定義の違いを見てみる

こういう時はケンブリッジ英英辞典で2つの動詞の意味の違いを調べるのがいいです。

というのも日本語の意味では一見違いの無いような2つの単語でも、よくよく英英辞典で調べると全然違ったりするからです。

単語帳を選ぶ時もちゃんと日本語の意味が英語の定義と一致しているものを買うべきですよ。例えばあんまり例文が乗ってない単語帳はお勧めできません。なぜなら例文が無いと英語での定義や使い方がわからないからです。

それでは早速ケンブリッジ辞典でstudyの意味を調べてみます。

studyの定義と使い方

定義 ・to learn about a subject, usually at school or university(大抵学校や大学で科目や分野について勉強する)

使用例 ・I studied biology before going into medicine.

    (薬学について勉強する前は生物学について勉強していた。)

studyというのは割と「学問や科目」などを勉強する、という意味があるのがわかると思います。

というのもstudyというのは教科書を読んだり、先生の話を聞いたりしている行為を指すことが多いです。つまりその科目については知識を入れている途中ということいなります。

言い換えれば”study”している学問については、まだ完全に知識を持っていないということです。

learnの定義と使い方

定義 ・to get knowledge or skill in a new subject or activity(新しい分野やアクティビティで新しいスキルや知識を手に入れる)

使用例 ・She’s learned a lot about computers in the last three months.

    (この3ヶ月で彼女はコンピュータについてたくさん学んだ。)

定義の日本語訳のところに注目してみてください。

日本語ではどちらも勉強するという意味で訳せますが英英辞典では、studyが「教科書や先生の話を聞くという行為」だったのに対し、learnは「知識を身に着けること」に観点が置かれています。

studyとlearnの使い方の違い

これで2つの「勉強する」という動詞の定義の違いはわかったと思います。

それでは上の情報を整理して、具体的な使い方の違いを解説していきます。

studyは過程、learnは結果

studyは教科書を読んだり教授の話を聞くという勉強の過程を表すので、その学問についてまだ知識やスキルを完全に手に入れていません。

対してlearnはすでにスキルや知識を手に入れたあとなのでどちらかというと勉強した結果を表します。

例えばこの下の画像。

studyとlearnの違い

「なぜ太古の昔について研究する必要があるのか?」と言っています。

ここのstudyをlearnにすることはできません。なぜなら太古の昔についてまだ知識を完全に持っているわけではなく、研究途中だからです。恐竜の研究や太古の地球についてはまだまだ分からないことがたくさんあるため、learnを使うことはほとんどありません。まだまだ研究過程であるからです。

learnとstudyの違い

この画像では「私たちはどう誇りに感じるかを学習する必要がある」と言っています。

「学習する→学習し知識を入れ終える」という結果の方を指しており、学習過程について言っていないのがわかります。

勉強する行為の過程なのか、それとも知識を入れ終わった後の結果なのか、そこに注意すれば言い訳です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今まで意識して2つの動詞を使い分けたことが無かったんじゃ無いでしょうか。

こう言った少しの定義の違いが食い違いを生んじゃうようなことが、英語圏で生活しているとよくあります。

このように、学校では教えてくれないけどすっごく大事な表現がたくさん英語にはあるんです。このブログではそういった学校では教えてくれない英語の豆知識などをどんどん更新していくのでチェックよろしくです。

それでは今回はこの辺で

コメント

タイトルとURLをコピーしました