スポンサーリンク

挨拶はI’m fine, thank youじゃダメです。

スポンサーリンク
学校で学ばない英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

挨拶はI’m fine, thank youじゃダメです。

こんにちは。燻し英語です。

今回は小学校や中学校で習う定番の挨拶のフレーズであるI’m fine, thank youと言うフレーズがなぜダメなのかについて記事を書きたいと思います。

僕も実際に小学校でこの表現を習ったので、なぜダメなんだろうと疑問に思っていましたが、実際に海外で生活しているとほとんど使われていないのがわかりました。

では早速解説していきます〜

前回の投稿はこちら→パースでの生活とホストファミリー

fineの定義とは

そもそもfineってどういう意味かわかりますか?

ケンブリッジ辞書で定義を調べてみました。

well, healthy, or happy: (大丈夫である、健康的である、幸せである)

“How are you?” “I’m fine thanks. And you?” ”調子どう?” ”大丈夫だよ、君は?”

good or good enough:(良い、十分に良い)

“Is the soup hot enough?” “Yes, it’s fine.” ”スープあったまってる?” ”良い感じだよ。”

❸excellent, or of very good quality:(素晴らしい、素晴らしいクオリティである)

He’s a fine musician. ”彼は良いミュージシャンだよ。”

みた感じI’m fine thanks. And youでも大丈夫そうに見えますね。

そうなんです。間違っていはいないんです。

しかし、そこが穴なんです。

日本語の大丈夫の意味と似ている

上の通りI’m fine thanks. のfineは大丈夫、という意味です。でも日本語でも「大丈夫」っていろんな意味がありますよね。

「調子どうですか?」って聞かれて「大丈夫です」って答えたときどんなイメージを持ちますか?

「大丈夫」ってことは、調子悪くは無いけど、良くも無さそうですよね。

I’m fine thanks. And youのときも同じで、「気分は良くも悪くも無いよ、君はどう?」という意味になります。

しかし、大体の場合、「I’m fine thanks. And you?」ってネイティブスピーカーに対して言うと、彼らに「あっ、この人具合悪いのかな、なんか悪いこと起きたのかな?」心配されることになります。

なぜこんな現象が起きるのでしょうか?

ネイティブは基本的に「気分は良い」と答える

それはネイティブは調子どう?って聞かれれば、体調があんまり良くなくても、goodを使います。逆に、fineを使うとどうしたの?ってなっちゃいます。

例えばその日に前日の疲れがかなり溜まっていても、よほどのことが無い限り、”I’m good.”とか”I’m well”とか”Couldn’t be better”を使うのが普通です。

なんで体調が悪いのにgoodとか使うの?ってなるかもしれませんが、理由は

How are you?などは真面目に「調子どう?」と体調を心配しているものではなく、単なる挨拶だからです。単なる挨拶で真面目に体調のことなんか話さないので、fineを使うと「この人大丈夫なのかな、・・・」ってなっちゃうんですね。

ちなみに昔フランス人のクラスメイトがI’m fine thanks. And youを使ってネイティブの人に「それじゃああんまり気分が良く無いってことになっちゃうよ。」って注意されていました。

I’m fine thanks. And youって全世界共通で学校で教わるんですかね??

How are you?の返し方

じゃあHow are you?ってなんて返せば良いの?ってなりますよね。

いくつかオススメのフレーズを紹介したいと思います。

  1. I’m good.「良いよ。」
  2. I’m alright. 「(かなり良い意味の方で)大丈夫だよ」
  3. It couldn’t be better 「これ以上に無いくらい最高だよ」
  4. I’m well.  「かなり良いよ」
  5. OK  「ノープロだよ。」

簡単なやつを集めました。

How are you?はただの挨拶なので、あんまり深く考えすぎないようにしましょう。

ただ、fineとかはあんまり良く無い表現なので、とりあえず、上にあげた表現だけ使っていれば問題無いと思います。

この動画でも良いフレーズを紹介しているのでチェックしてみてください。

36 Smart and Interesting Responses to 'HOW ARE YOU?'

まとめ

いかがだったでしょうか。

I’m fine thanks. And youは実はあんまり良く無い印象を与えてしまうということを理解していただいたと思います。

「調子どう?」って言ってますけど感覚的には「やっほー」と同じくらいなので、こちらもI’m good(ヤッホー)くらいの感じでいけば大丈夫ですよ。

もし外国人に道を聞かれたときなんかにこの会話が発生した場合はI’m fine thanks. And youじゃ無いフレーズを使ってみてください。

それでは今日はこの辺で。

また明日〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました